親への年賀状


あなたの親孝行navi〜母の日・父の日だけじゃない。親孝行をするすべての人を応援します。〜

親への年賀状

1年の始まりに感謝の気持ちを届けよう!

年賀状は、はがきで出すことが通例ですし、ある程度決まった文面があるので、手紙(はがき)初心者におすすめ。
年末年始に帰省できない方は、ぜひ出しましょう。
ポイントは、
 決まり切った文章以外に必ず一言でも、自分なりのメッセージを入れる
ということ。

親への年賀状文面アイデア

文面については、すべてを盛り込む必要はありません。自分が入れたい項目をチョイスしましょう。そして、自分の言葉に変えて書きましょう。この文面アイデアは、運営者個人のアイデアです。あくまでも参考程度に。

 はじめに

新年おめでとうございます。
今回の年末年始は、都合により帰省することができず、とても残念です。
お父さん、お母さん二人ののんびりとしたお正月になっていることと思います。

 近況を問う

 最近ご無沙汰していましたが、お元気ですか?何もお変わりないでしょうか。

 最近は、高血圧の具合はどうですか?引き続き通院はしていますか?

 旧年中のお礼

 昨年は大変お世話になりました。転職などで心配をかけることもありましたが、おかげさまで僕も、すがすがしい気持ちで新年を迎えることができました。

 昨年も何かと世話になりました。帰省するたびに、手料理でもてなしてくれて、本当にありがとう。お母さんの手料理を食べると、ほっとした気持ちになります。

 今年の抱負など

 今年は、念願のハワイ旅行を計画しています。お土産を買ってくるので、楽しみにしていてくださいね。

 最近、仕事の付き合いでゴルフを始めました。機会を作って、お父さんに教えてもらいたいです。

 今年は、○○にチャレンジしようと思っています。

 今年は(子どもの名前)も小学校に入学します。成長が楽しみです。家族みんなでゴールデンウィークに帰省しようと思っています。

 (子どもの名前)も、おじいちゃんおばあちゃんに会えるのを本当に楽しみにしているようです。

 親への気遣い

 お酒も結構ですが、ほどほどにしてお体にはお気を付けください。

 今年もお互い病気などせず、良い年にしましょう。

 足が痛いと言っていましたが、その後調子はどうですか?長引くようであれば、今年は病院に行ってくださいね。



 このページの上へ
 一つ前のページに戻る
 「あなたの親孝行navi」のトップページへ
 現在地
HOME→親孝行アイデア→親に手紙(はがき)を書く→親への年賀状