父の日に失敗してしまったことランキング
あなたの親孝行navi〜母の日・父の日だけじゃない。親孝行をするすべての人を応援します。〜

父の日に失敗してしまったことランキング

お父さん・父の日に関する調査結果

親孝行の代表的イベントの父の日。何か計画を立てても、失敗してしまうこともありえますね。ここでは、父の日に失敗してしまったことのランキングをご紹介します。失敗した人が多いものは、自分の身に置き換えてみて、要注意ですね!

【転載元】gooランキング(2012年4月調査)
http://ranking.goo.ne.jp/ranking/999/fathersday_mistake/p1/

 父の日を忘れてしまった
 父親の趣味に合わないものを贈ってしまった
 電話をしようと思っていたのに忘れた
 サイズの合わない服や靴などを贈ってしまった
 当日に父親とケンカしてしまった
 早々に注文したが、直前にもっと良いものを見つけてしまった
 財布に大打撃を受けるほどの出費になってしまった
 発注したプレゼントが父の日以外の日に届いてしまった
 他の家族とプレゼントがかぶってしまった
 既に持っているものを贈ってしまった

ちなみに11位以降には、こんな失敗談がありました。

  • プレゼントの金額をケチったことがバレてしまった
  • 他の人へのプレゼントを流用したことがバレてしまった
  • 昔自分があげたものをまた贈ってしまった
  • 手紙・メッセージカードで、名前を間違えて書いてしまった
  • 現金を渡してプライドを傷つけてしまった
カレンダーや携帯のスケジュールに登録を!

日付や、何かしようと思っていたことを忘れてしまうのは、あらかじめカレンダーや携帯のスケジュール、アラームに登録することで防止しましょう!
父の日だけではなく、誕生日や結婚記念日も書き込んだり登録したりしておきましょう。

日頃からリサーチを!

2位の「趣味に合わないものを贈ってしまった」とか、4位「サイズが合わない」、10位「すでに持っているものを贈ってしまった」というのは、リサーチ不足が原因のようですね。
普段からお父さんとの会話が多い人は、その中から趣味や好みを知っていくことができます。しかし、遠く離れていて、年に数回しか帰省できない人にとっては、リサーチはなかなか難しいもの。
そんな人は、お母さんや兄妹を通してリサーチをするのも一つの手ですね。
できれば、日頃からお父さんに関心を持って、コミュニケーションを心がけましょう。



 このページの上へ
 一つ前のページに戻る
 「あなたの親孝行navi」のトップページへ
 現在地
  HOME参考になる調査結果→父の日に失敗してしまったことランキング